セフレ探しにおすすめの出会い系ランキング➡︎

出会い系を荒らす援デリ業者が横行する理由と被害の実態

援デリ業者

援デリはサクラばかりの出会い系が警察の相次ぐ摘発で下火になっていく中で、新たな儲かる風俗形態として成長してきた印象があります。

出会い系のサクラのバイトをしていた人間からも、これからは援デリが流行るらしいと当時よく聞きました。

援デリ業者も摘発、逮捕はされていますが、出会い系を利用しているとその勢いは衰えているようには全く見えません。

それはどうしてか。

もちろん儲かるからです。

今回は援デリ業者の実態と裏側を追求してみたいと思います。

援デリがここまで流行る理由

援デリ業者が次から次に出てくるのは、運営が簡単で、その上儲かるからです。

どのような仕組みで運営されているのか説明します。

  • 援デリ経営は楽
  • 集客が楽
  • 女の子の募集が楽

援デリ経営は楽

援デリは今の時代であればスマホ一台あれば、十分に経営ができます。

店舗を構える必要もホームページを開設する必要もありませんし、届け出を出す必要もありません。

社会的に全く透明の存在として、秘密裏に儲けることができます。

ですから援デリを副業として運用するサラリーマンもいるようで、2、3人の女の子を確保し、月に40万円ほどの副収入を得ることも可能のようです。

集客が楽

男性客を探す場所が出会い系サイトになります。

アダルト掲示板などに『大人の関係で会いましょう』、『割り切りで会いたい』などと書き込み、それに飛びついた男性に女の子を派遣するんです。

男性側の多くはセックスできる相手を求めて出会い系サイトを利用しているため、お客さんに困ることはありません。

働く女の子の募集が楽

派遣する女の子も、同じく出会い系サイトから探します。

個人的に援助交際をしている女の子と実際に会ったり、メールのやり取りなどをして引き込みます。

管理してもらえるならお客を取るのも楽だろう、何かあっても大丈夫だろうという軽い気持ちから援デリ業者の元で働くことを選んでしまいます。

援デリに絡む被害の実態

援デリ業者が潤っている陰で、実際に被害に遭う男女がいます。

違法、と名のつくものを堂々とやっている時点で、危険は隣り合わせと言っても過言ではありません。

男性の場合

援デリに対してお金を払ってサクッとセックスできるから楽そうだなんて印象を持つかもしれませんが、援デリを利用することによって色々な危険があります。

  • 違法業者のため性病検査なし
  • 可愛い子はほとんどいない
  • 美人局
  • 女の子が外国人
  • JCJKとの買春の危険性

特に最後のJCJKとの買春行為に関しては、本当に気をつける必要があります。

援デリ業者は届け出を出していない違法な管理売春組織ですから、年齢確認などしていません。

本当に児童だと知らなかった場合は不起訴となる可能性もありますが、それまでに拘留されたりした場合、家族や職場にバレてしまうことは間違いありません。

女の子の場合

実は援デリは働く女の子こそ危険に直面する可能性が高いです。

  • 稼げない
  • 本番は当たり前
  • 援デリ狩りで売春強要
  • 誰も守ってくれない

稼げない

援デリの相場は、90分で1万5千円から2万円程度。

それを女の子と業者で折半することがほとんどです。

そうなってくると女の子がもらえるのは7、8千円から1万円程度。

悪質な業者によっては、1日で何人相手にしようと1万円しかもらえないこともあるようです。

個人で募集をかけていた場合なら全額自分の収入となっていたものが、半分持って行かれることになります。

本番は当たり前

90分で1万円なら良いじゃないかと思ったあなたは危険です。

援デリは基本的に本番行為は前提として成り立っています。

個人で売春相手を探していた時はたとえば口で5千円で良かったのに、本番を強要された上にもらえるのは1万円程度。

きちんとしたルールのある安全な風俗店と違い、妊娠のリスクや乱暴な扱いを受ける可能性もあります。

援デリ狩りで売春強要

援デリ狩りというのは、個人で出会い系を通して売春している女の子と客のふりをして会い、『許可なく勝手なことをしやがって』と脅し、自分の組織する援デリ組織で働かせることです。

そこでは売春強要は当たり前ですし、もらえるお金も微々たるもの。

悲惨な生活になるのは目に見えています。

誰も守ってくれない

男性客に酷い行為をされても、売春行為を強要をされても、元々が違法な業者なんですから誰も守ってはくれません。

警察への相談と言っても、自分自身も違法な業者に属し売春を行っていたという事実があります。

自分も逮捕される可能性がある中で相談に行くのはそれなりの覚悟が必要ですから、決断できずズルズルと働き続けることになってしまいます。

援デリで幸せになるのは業者だけ

男性側はセックス相手を手軽に見つけることができるから、援デリ業者であっても利用する。

女性側も何かしらの理由で売春をする必要があり、援デリ業者に属す。

こう言うとお互いの意図が合致している気がしますが、説明してきたように援デリ業者が潤う影で被害に遭っている男女がいます。

これを読んでいるあなたが男性であれ女性であれ、援デリ業者と関わることによって危険が身に降りかかる可能性はあるわけです。

しかし出会い系で遭遇してしまう援デリ業者の甘い誘いにさえ乗らなければ、男女ともに危険を回避できます。

自分自身で対処できるところで、未然の被害を防ぎましょう。

バード貴族的まとめ

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”bird-real.png” name=”バード貴族”]

相変わらずログインすれば援デリ業者からメールが届いて、池袋に呼び出される僕です笑

しかし無視していれば何の問題は起きませんし、運営側が会員資格を停止してくれます。

僕は男性なのでもちろん出会い系で会った女の子とエッチしたいって気持ちは理解できますが、援デリ業者からの安易な誘いには絶対に乗って欲しくありません。

出会い系の援デリ業者の被害に遭う男性が増えれば、男性ユーザーが減少していきます。

そうなると出会い系サイト本体の収益が減ってしまいます。

サービスの向上も望めませんし、宣伝広告費にかける費用が減ることで女性ユーザーを取り込めなくなってしまいます。

それが何を意味するかと言うと、健全に出会い系を利用している僕たち一般の男性ユーザーは、一般の素人女性に会いづらくなってしまうってことです。

ワクワクメール、PCMAX、ハッピーメールをはじめとした大手優良の出会える系の出会い系サイトは、一般の素人の女の子と出会うことはできますし、エッチすることも可能です。

しかもお金を払うだけの無味乾燥な関係じゃなく、女の子との心の通った時間を楽しめるんです。

援デリ業者に払うお金よりも、ずっと安くです。

この記事を読んで、援デリ業者の安易な誘いに乗ることが金銭的にも精神的にもだいぶ損してるな、って感じてくれたら幸いです。

ということで以上、『出会い系を荒らす援デリ業者が横行する理由と被害の実態』でした。

[/speech_bubble]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA